塗膜仕上げ面の老化は時間の経過によって、その表面が変化し始めます。
  塗装仕上面の老化の進行
健康診断 光沢(つや)の低下。
塗面を手でこすると粉が付く(チョーキング現象)。
要注意 汚れ、カビなどの発生。
塗膜に細かいひび割れが生じてくる。
要治療 ひび割れが大きくなる。
緊急治療 塗膜が浮いたり、剥がれたりする。
この進行でひび割れが生じ始める前に塗り替えが必要です。また病としては錆が発生したり、部分的に剥がれている場合でも注意が必要です。特にこの部分的な症状が内部の病を示している場合もあり、正しい診断と治療により病が全体に広がることを防止する必要があります。